ホームへ  
ホーム
会社概要
設備紹介
車両紹介
お問い合わせ
会社概要
ごあいさつ
 私たち人類は高度な文明社会を築け上げ、便利で快適な生活を享受していますが、同時に、この豊かさの代償として大量の資源とエネルギーを消費し、毎日、膨大な量のゴミを排出しています。人も情報も集中している大都市東京、その裏側では、大量の廃棄物排出都市として姿を変えています。
廃棄物を大量に発生させる社会の仕組みを改め、限りある貴重な資源やエネルギーを大切に使っていかなければ資源の枯渇や自然環境の破壊、地球温暖化などを招き、地球の寿命は縮まり人類の存在自体も危うくなってしまいます。
このような時代背景の中、私たちなかのは昭和44年創業以来廃棄物の回収処理ビジネスをてがけてきました。近年ではエネルギーロスの少ない循環型社会の実現のために、オフィスビルなどから排出されるゴミをきめ細かく分類・回収し、資源ゴミのリサイクルを推進しています。また、企業や商業施設など個別にゴミの現状を検証し、最適なリサイクル方法や廃棄方法などもご提案しています。
この時代に生きるものとして、廃棄物に関する社会的責任のすべてを、なかのがトータルにバックアップいたします。
基本理念
 廃棄物の収集運搬、処分を業とする有限会社なかのは、環境問題が重要かつ切実なテーマとして語られる現在、自然環境と人間生活の調和を目指し、環境に配慮したより良い企業活動を行うことを基本理念とする。
  当社はオフィスビルをはじめ飲食店、工場などの廃棄物に対応し、リサイクルを中心とした収集、運搬、再生処分業務を様々な分野で展開
「地球の環境保全に貢献する”ゴミ処理のエキスパート”として社会に本当の豊かさを提供する」
ことを基本方針とする。
環境方針
1. 当社の事業活動に関わる環境への影響を把握し、環境マネジメントシステムの継続的改善と汚染の予防を図ります。
2. 環境側面に関係して摘要可能な法的要求事項及び当社が同意するその他要求事項を順守します。
3. 環境目的・目標を設定し改善活動を推進します。
@ 産業廃棄物の受入を拡大し、リサイクル率の向上を図り、焼却・理立への処分量を削減しつつ、天然資源の有効活用に努める。
A 燃料、電力などの省エネルギー活動を実旋し、地球温暖化防止と天然資源の有効活用に配慮する。
B 職場内の5S活動及び地域社会との協調を図る。
本環境方針を実行するため、必要な環境マネジメントシステムを構築し、当社従業員または当社のために働くすべてのの人に周知し、環境に対する意識向上に努めます。又、この環境方針は広く一般の人に開示します。
 

改正・見直し 平成22年2月1日
平成17年12月1日
株式会社 なかの
代表取締役 中野篤志

会社名 株式会社 なかの
所在地 本社及び中間処理工場 / 東京都足立区皿沼2丁目13番地6号
入谷リサイクルセンター / 東京都足立区入谷8-12-24
営業品目 一般廃棄物収集・運搬業
産業廃棄物・運搬業、処分業
再生紙原料取扱業
上記各項に付帯する一切の業務
許可
一般廃棄物 第765号  
産業廃棄物処分業 第1320009535号
産業廃棄物収集運搬業  
東京都 第1310009535号
埼玉県 第1107009535号
さいたま市 第10100009535号
川越市 第10300009535号
千葉県 第1200009535号
千葉市 第5500009535号
船橋市 第10400009535号
神奈川県 第1403009535号
横浜市 第5600009535号
川崎市 第5700009535号
茨城県 第0801009535号
特別管理産業廃棄物収集運搬業
東京都 第1356009535号
埼玉県 第1157009535号
会社沿革
昭和44年 なかの商店で創業
平成4年 有限会社なかの設立
平成17年2月 中間処理工場及び営業所新設
平成18年7月 ISO14001認証取得
取引銀行
足立成和信用金庫 皿沼支店
三井住友銀行 日本橋東支店
中央三井信託 日本橋営業部
みずほ銀行 足立支店
りそな銀行 王子支店
資本金 1000万円
役員
代表取締役 中野 篤志
取締役 中野 富子
従業員 50名